アンチエイジングニュース

ハセ博士のヘルシー情報最前線(20):月経前後のひどい偏頭痛を軽くする方法

 月経時の偏頭痛で悩んでおられる女性が多くいらっしゃいます。そこで今日は、この偏頭痛に関する話題です。

 1つは、偏頭痛は月経の前後に高いことが分かったというもので、もう1つは、月経の始まる前に薬を服用すると、このひどい頭痛が軽減されるというものです。

(1)偏頭痛は月経と強く関連している

 これは、ロンドンの偏頭痛病院(City of London Migraine Clinic)のAnne MacGregor博士が、「NEUROLOGY 2004;63:351-353」に報告したものです。

 調査では、偏頭痛になりやすい女性155人に日記をつけてもらい、頭痛の程度と月経について調べました。

 その結果、月経前2日間で1.7倍、月経のはじめから3日間では2.5倍、偏頭痛が起きやすいことが分かりました。

 また、この月経と前後して起きる偏頭痛はより重症で、通常の偏頭痛に比べてその痛みは3.4倍強いそうです。

 ちなみに、今回の報告は偏頭痛と月経の関係を調べた最初の研究だそうです。

 従って、月経に関係した偏頭痛は今まで実感されている以上によくあるもので、それがほかの病気の原因にもなっているようですので、要注意です。

 では、この偏頭痛にはどう対処したらよいのでしょうか?

(2)月経前にあらかじめ偏頭痛薬(frovatriptan)を服用しておくと、偏頭痛を予防できる

 これは、同じNEUROLOGY誌に発表された研究成果で、月経に関係した偏頭痛に効く薬についてです。

 フィラデルフィアのトーマス・ジェファーソン大学のStephen Silberstein博士が報告しました。

 偏頭痛薬frovatriptanについて、プラセボ偽薬を飲んだ人と比較したところ、この薬を月経の2日前に飲み始め、以後6日間飲んだ人の場合、偏頭痛が起こる頻度はかなり減少していたということです。

 この研究では、米国に住む偏頭痛持ちの443人の女性について調べました。これらの女性を3群に分け、1日2.5ミリグラムのfrovatriptanを摂る群、2日に1度2.5ミリグラムのfrovatriptanを摂る群、及びプラセボ偽薬を摂る群としました。そして、月経の始まる2日前から6日間これらの薬を服用してもらいました。

 その結果、プラセボ偽薬群の67パーセントが依然偏頭痛があったのに対し、frovatriptanを摂った人では52パーセントに減少していました。また、2日に1度の群が最も偏頭痛に
なるの割合が低く、41パーセントだったそうです。

 なお、このfrovatriptanという薬はトリプタン系の薬で、心臓病の人や高血圧の人は使用しないように注意されているものです。

 また、偏頭痛がそれほどひどくないのなら、薬を使用しない方がよいとこの論文で述べられていますのでご注意を。

 ところで、発作の回避法としては、代替医療(ハーブ、マグネシウム療法、アロマテラピーなどもあります。詳しくは、日本神経学会頭痛治療ガイドライン(http://www.neurology-jp.org/guideline/headache/index.html)をご覧下さい。

ハセ博士=薬学博士。国立大学薬学部や米国の州立大学医学部などで研究・教官歴がある。現在、製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧