アンチエイジングニュース

「菌で菌を制する」――順天堂大大学院にヤクルトの寄付口座

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

 順天堂大とヤクルトは23日、同大大学院医学研究科にヤクルトの寄付講座「プロバイオティクス研究(ヤクルト)講座」を開設すると発表した。臨床研究の可能な医学部でのプロバイオティクス研究講座は国内で初めてという。

 同医学研究科の説明によると、プロバイオティクスは乳酸菌の類で、腸内に常在するいわゆる善玉菌をいう。善玉菌が増えることで悪玉菌を制する効能があることが知られている。この医学的根拠をさらに増やすことで、臨床現場でさまざまな応用が可能になりうる。

会見模様 プロバイオティクスの期待される効果として、消化管の運動性の向上や腸内感染の防止(下痢の予防や治療)、癌の予防、アレルギー発症の予防、動脈硬化症の予防などがある。こうした効果についてさらに追究し、「菌で菌を制する」ことを実現、人類の健康増進を目指す。(AANウェブ編集部)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ