アンチエイジングニュース

食物繊維(2):食物繊維のサプリメントの摂り方――ファイバーアカデミアに聞く

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

 サプリメントの人気上昇に伴い、食物繊維のサプリメントも注目を集めている。しかし、「効果があまりないのではないか」や「サプリメントで食物繊維を摂り過ぎると便秘を招く恐れがある」などの気になる声も聞こえてくる。

 実際のところはどうなのか。研究者や医者などが食物繊維に関する情報発信などを行うファイバーアカデミアに聞いた。

商品の選び方は

 サプリメントファイバーアカデミア発起人の1人である池上幸江・大妻女子大教授は、「サプリメントが標榜する生理作用やその形態(飲料系か通常食品に近いもの、あるいは錠剤やカプセル型など)でも効果に違いがあるように思います。食物繊維の種類によっても影響が異なりますので、簡単にはお答しにくいところです。特に水を含んで膨潤するようなタイプの食物繊維では、水を摂取する必要性が高いと思います。その目安は単純ではありませんので、ご自身で試されるしかないと思います」と語る。

 具体的な対策としては、「飲み方やその影響、注意などが詳細に記されているような商品を選ぶのが賢明です」とのことだ。

 食物繊維のサプリメントを摂る場合は水分補給が重要だと言われる。不十分な水分補給がきっかけで便秘状態を招く可能性があるからだ。

 となると、どんな水分を補給すべきなのか気になる。池上教授は「水分であれば特に種類は問いません」と言う。お茶でもジュースでもいいということだ。

食物繊維を賢く摂るために

 最後に池上教授は食物繊維の摂取について、「私見ですが、食物繊維は仮にサプリメント系のものでも、できるだけ普通に食べる食品の形態に近いものがいいと思います」と念を押した。「生理作用も発揮され、安全性も確保されます。また、過剰摂取も防げます」というのがその理由である。

 「食品の形態の影響ですが、大腸の機能の場合は(食品形態の違いによる)差は小さいように思います。しかし、血糖値や血中コレステロールの場合は(食品形態の違いによる)影響が出やすいように思います」という池上教授の話から、食物繊維の摂取についての注意点が浮かび上がる。

 せっかく摂るのだから賢く摂りたい。

 次回は、食物繊維が肌にいいというファイバーアカデミアの研究結果を紹介する。(AAN ウェブ編集部・西野浩史)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧