アンチエイジングニュース

調査:プロポーズ「必要」派は韓国女性80パーセント、日本男性40パーセント

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

 隣国である韓国と日本の独身者の意識を知るために、結婚情報サービスのオーエムエムジーと韓国の結婚情報サービス会社が共同調査した。

 日韓で大きな違いが見えたのは、「結婚前にプロポーズが必要かどうか」である。「必ず必要」派は、韓国女性80.8パーセント、韓国男性63.0パーセントだった。これに対して日本女性50.2パーセント、日本男性40.3パーセントで、韓高日低の傾向が現れた。

Propose プロポーズの言葉のトップは、韓国が「愛します、愛している」(44.5パーセント)、日本は「結婚しよう」(66.0パーセント)となっており、韓国は“直球”型、日本は“提案”型と言える。

 ちなみに、トップ以外の上位の言葉は、韓国が「一緒にいよう」(40.5パーセント)、「幸せにする」(32.8パーセント)、日本が「一緒にいよう」(44.5パーセント)、「大切にする」(34.1パーセント)だった。

 韓国ブームは今も衰えない。これを機に日韓交流は市民レベルでさらに深まるだろう。両国の男女が出会い結婚する機会だって増えていく可能性は十分ある。そんな時、韓国の女性と結婚しようと思う日本の男性はプロポーズの重要性をお忘れなく。(AANウェブ編集部・西野浩史)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧