アンチエイジングニュース

 ハンバーガーなどのファストフードは、食事時間を取れない時には便利で、安価な上になかなかおいしく、ついつい食べてしまいます。

 ところが今回、頻繁にファストフードを食べる人は体重が増えやすく、15年間に10ポンド(4.5キロ)以上増加するということです。

 これは、権威ある医学誌であるランセット誌(The Lancet, Jan. 1, 2005; vol 365: pp 36-42)にボストン小児病院の研究者が報告したものです。

 研究者らは、青年期(18~30歳)にファストフードを食べ始め、15年以上食べている3000人以上の米国人について、運動や喫煙、余暇時間の過ごし方などの生活スタイルを調べ、調査開始後2年目、5年目、10年そして15年目に再調査したそうです。

 この結果、毎週2回以上食べる人は、週1回以下しか食べない人に比べて10ポンド(4.5キロ)以上体重が増加していることがわかりました。

 また、これらの人は糖尿病の兆候である、インシュリン抵抗性になっている頻度も2倍になっていたということです。

 ところで現在、米国成人の3分の2が体重オーバーで、糖尿病の人も多く、毎年100万人が新たな糖尿病患者になると言われています。

 糖尿病は、心臓疾患や脳障害、網膜炎、腎臓障害の原因となるのですが、米国成人の6パーセント以上、60歳以上では実に18パーセントの人が糖尿病ということです。

 これは先進国に共通したもので、英国では男性の21パーセント、女性の23.5パーセントが肥満(2001年統計)で、男性の3分の2、女性の約半数が体重過多だそうです。

 もちろん日本でもこの傾向は変わらず、深刻な問題になりつつあります。

 さて、今回の報告で、ファストフードを食べることと肥満の間には密接な関係があることが実証されたわけですが、ファストフード・レストランに行く回数は白人女性では比較的少なく、平均して1週間に1.3回で、ほかの人種の人は平均して1週間に2回だったそうです。また、ヒスパニックなどの低所得者層で多く、実際この人たちに肥満が激しいと言われています。

 米国糖尿病協会は、ハンバーガーなどのファストフードを食べる時の注意として、「回数を減らす。脂肪の少ない肉やマヨネーズを使用しているものにする。生野菜が多く入っているものにする。油分の多いフライドポテトは避ける。砂糖入りのソフトドリンクはあまり飲まない」などの注意点を挙げています。

 これを受けてファストフード・メーカーも、より健康的な商品へと移行しつつあり、改善が図られているようです。

 しかし、ファストフード好きな人は、同時にお酒もよく飲み、運動嫌いという傾向があるそうですので、本当にファストフードだけが悪いのか、という疑問もわきます。

 最近はスローフードを薦める本などが出ていますが、ファストフードの回数を少なくしたりして、より健康的な食事が重要であることは間違いないようですね。(ハセ博士。薬学博士。国立大学薬学部や米国の州立大学医学部などで研究・教官歴がある。現在、製薬企業で研究に従事している)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ