アンチエイジングニュース

ハセ博士のヘルシー情報最前線(3):花粉症に光療法が効く

 今年の花粉症は大変なもので、周りは花粉症の人ばかりです。目のかゆみや鼻水、くしゃみと、皆さん大変困っておられます。

 この治療には抗アレルギー薬が有効なのですが、服用したあと眠くなるなど、車を運転したり危険な作業をしたりする人はなかなか使うことが出来ません。

 花粉飛散真っ最中の今日お伝えするのは、紫外線と可視光線を照射すると、花粉症などのアレルギー反応に伴う鼻孔のかゆみや鼻水に有効であることが明らかになった、といううれしいニュースです。

 これはハンガリーのSzeged大学のAndrea I. Koreck博士らが、「アレルギーと免疫医学誌(Journal of Allergy and Clinical Immunology, March 2005)に報告したもので、花粉症に限らずアトピー性皮膚炎にも非常に有効であるとされています。

 紫外線には波長の長さにより、UV-AとUV-Bのタイプがありますが、研究ではUV-Bタイプを5パーセント、UV-Aタイプを25パーセント、可視光を70パーセント混合した光を照射し、弱い可視光のみしか浴びなかった対照の群と比較したそうです。

 人を対象とする前に、まず人の細胞を用いて調べたところ、これらの光を与えると、免疫反応を過剰に起こす免疫細胞や炎症細胞を特異的に抑えることが分かりました。

 次に実際に人に対する効果を調べました。通常の治療法でも効き目のなかった49人の花粉症患者を対象として、鼻孔部に週3回ずつ、3週間照射したそうです。

 その結果、治療群はくしゃみと鼻水、かゆみが劇的に改善したということです。さらに、このような人が鼻洗浄を組み合わせると、血液中の炎症マーカーも大幅に減少していました。

 これらの結果から、このような光療法はアレルギー症状の患者の治療に有効であると結論づけています。

 この光療法は、体の一部だけに光を照射するだけでよいので、簡単に出来ると思われます。また、体全体に影響がないので、副作用なども少ないと考えられますので、妊娠中の人など、治療薬を服用できない人に有効であると期待されます。

 光療法は、ヨーロッパの冬に日差しが弱くなった時に、太陽光を補うために始まったもので、うつ病や痴呆症状にも有効と言われていますが、このような簡単な方法で花粉症がよくなるなら、ぜひ使ってみたいものですね。(ハセ博士。薬学博士。国立大学薬学部や米国の州立大学医学部などで研究・教官歴がある。現在、製薬企業で研究に従事している)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧