アンチエイジングニュース

 多くの米国人は、寝不足のために仕事や結婚生活に問題が生じており、性生活もうまくいっていないことが最近の研究で明らかになりました。

 米国睡眠協会(National Sleep Foundation)が行なった1500人以上の米国成人についての調査結果によると、米国成人の75パーセントが夜間の仕事やパートナーのいびきなどで睡眠障害があるということです。

 同協会のRichard Gelula氏によると、睡眠が充分に足りているのは米国人全体の約半数で、残りは何らかの問題を抱えているようです。

 通常睡眠をとるべき時間でも、成人の87パーセントはテレビを見ており、47パーセントが性行為、64パーセントが読書をしているため、成人は1日7~9時間の睡眠時間をとるべきところが、実際の平均睡眠時間は6.9時間になっていました。

 そして、2分の1以上の人が自分は睡眠が十分ではないと考えているようです。実際、車を運転する人の60パーセントが運転中に眠気を感じており、4パーセントが事故を起こしたり、事故寸前まで至った経験があると述べています。さらに、勤労成人の30パーセントが過去3ヵ月間に眠気が原因のミスを仕事上で起こしたことがあるそうです。

 結婚生活についても同様で、77パーセントの人が、結婚相手のいびきなどが原因で睡眠不足だと考えています。そして、自分は眠るのが下手と感じている人の3分の1以上の人が、眠気が原因でパートナーとの性生活がうまくいっていないと考えていました。また約4分の1の人は眠気が強すぎて性生活ができず、セックスにも興味を失っていると述べています。

 さて、以上は米国の話ですが、日本の状況を見るともっと深刻に思えます。皆様、あまり夜更かしせず、そしていくら夫婦であっても、夜睡眠をとる際は別々の部屋でお休みになるのがよさそうですが……。(ハセ博士=薬学博士。国立大学薬学部や米国の州立大学医学部などで研究・教官歴がある。現在、製薬企業で研究に従事している)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧