アンチエイジングニュース

47都道府県のいっぴん:香川県名物「さぬきうどん」の美味いだし

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

香川県は「さぬきうどん」が有名である。この有名な「さぬきうどん」をだしの形で陰で支えているのが香川県のイリコ(煮干し)であることは、県外の人にはあまり知られていない。

イリコ

提供・香川県

 

香川県のイリコは瀬戸内海で捕れるカタクチイワシを加工する。何と言ってもカルシウムが豊富だ。そのまま食べてもいいし、イリコ飯にしてもいい。だしで使えば、さぬきうどんの味に近づくことができる。

香川県で生産されるイリコの多くは伊吹島が占める。瀬戸内海の中央付近に位置する、周囲5.5キロほどの小さな島で、昔から漁業の島として知られる。かつては獲ったイワシは天日干しされていた。「伊吹島らしい光景として知られたものです」と香川県関係者は語る。イリコと言えば伊吹島なのである。

もちろんこんにちもイワシ漁は脈々と受け継がれている。瀬戸内海で獲れたイワシは島の加工場にまっすぐ運ばれ、熱湯でゆでたあと、5時間ほど乾燥室に入れられる。おいしいイリコのできあがりだ。「ここでは漁獲から加工まで一貫して生産することで、鮮度のいい状態でイリコに加工されるのです」と香川県水産課は香川県のイリコのよさを説明する。

香川県のイリコを手に入れたい人は、香川県漁業協同組合連合会のホームページ(http://seaclub.power.co.jp/sinsen/index.html)で買える。(AANウェブ編集部・西野浩史)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ