アンチエイジングニュース

ハセ博士のヘルシー情報最前線(7):2型糖尿病にはシナモンが効く

日本国内では現在690万人、40歳以上では10人に1人が糖尿病と言われています。

 この病気は、血液中の糖(グルコース)の量が増加し、心疾患や腎臓病、糖尿性網膜症などの危険性が高い、厄介なものです。

 糖尿病には大きく分けて2種類あり、血糖値を下げるインシュリンを作ることの出来ない1型と、インシュリンが少ない場合やインシュリンが効きづらいために生じる2型糖尿病があります。ちなみに日本人の糖尿病の90パーセント以上はこの2型糖尿病で、遺伝的要素が大きな原因になっています。

 さて、2型糖尿病の人は、食事の時に少量のシナモンを摂るだけでよくなることが、Diabetes Care誌に報告されています。この報告を行なったのは、メリーランド州のBeltsville Human Nutrition Research CenterのRichard A. Anderson博士らで、糖尿病の人が少量のシナモンを摂ると、血糖値とコレステロール値が減少したというものです。

 研究では、60人の2型糖尿病の患者さんに1日1グラムのシナモンを40日間摂ってもらい、その効果を調べました。

なお、コントロールとして、小麦粉を摂った群と比較しましたが、においでシナモンと分かるといけないので、カプセルに封入したものを使ったということです。

 研究の結果、小麦粉を摂った群では何の変化も見られなかったのに対し、シナモンを摂ったグループでは血糖値が低下し、脂肪やコレステロール値が約30パーセント下がったそうです。

 この研究者は、シナモンにはインシュリンの活性を高める物質が含まれており、このため血液中のグルコース量が低下したのではないかと述べています。

 以前にも、シナモンを与えると肥満細胞がインシュリンに対して感受性となることが報告されており、また動物を用いた実験でもグルコースの消費量が20倍に高まることが分かっていましたが、これが実際に人でも有効であったわけです。

 シナモンは好き嫌いがありますが、2型糖尿病の人は試してみる価値がありそうです。(ハセ博士=薬学博士。国立大学薬学部や米国の州立大学医学部などで研究・教官歴がある。現在、製薬企業で研究に従事している)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧