たるみ(ハリ・弾力)でお悩みの方へ。なぜ肌のハリや弾力は失われるのでしょうか?ここでは有効なたるみ対策について解説しています。
アンチエイジングスタイル:TOP
アンチエイジングに役立つ様々なセミナー情報 アンチエイジングとはNPOについてメルマガ登録
加齢による肌(たるみ)の悩み
加齢による肌の悩み
しみの悩み
しわの悩み
乾燥肌の悩み
たるみ(ハリ・弾力)
の悩み
相談窓口はこちら
メールマガジン無料登録
たるみ(ハリ・弾力)の悩み

■肌老化の悩みナンバーワンの「たるみ」。

肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。
老け顔の最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化現象です。
若い肌との明らかな違いを感じ、鏡を見て年齢を実感するのはその「たるみ」を自覚したときではないでしょうか?


■最大の原因は真皮層の衰え

若い肌は、たとえ重力があってもハリや弾力がありますので、ピンとはった状態ですが、衰えた肌はその重力に負けてしまい、どうしても下へ下へと下がって、たるんでいきます。
では肌はどうしてたるむのでしょうか?

肌表面のハリや弾力を支えているのは、真皮層のエラスチンやコラーゲン
肌にハリや弾力があるのは、コラーゲン線維の方向が複雑に絡み合った立体的な網目構造となっているからです。ハリや弾力のある肌では、この網目が、一定の間隔をあけて存在しているのに対して、ハリや弾力のない肌では、網目が増えすぎて、皮膚組織の柔軟性をなくしてしまいます。

同時に、真皮層はそのの下にある脂肪層も支えています。つまり表皮の部分と皮下組織を支えている状態です。
脂肪層は20歳前から徐々に減っていき、真皮層も30歳を過ぎたころから衰え始めます。そうすると、肌を支える力が弱まり、たるみがおこってきます。たるみを感じる部分は、目の下、頬、鼻のワキから口角、フェースラインなどの脂肪が多い部分なのです。


■もうひとつの原因、筋肉の衰え

そしてもうひとつの大きな原因は、筋肉の衰え
顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉があります。この筋肉は真皮層に直接くっついています。このように皮膚の土台となっているため、その土台である筋肉が衰えると肌もたるんできます。


有効なたるみ対策は?
では、もっともおすすめのたるみ予防は何でしょうか?
まずは、真皮層の衰えの原因である紫外線対策
それに肌に十分栄養を運び老廃物の除去を促すために、に血行をよくしてあげることも効果的です。そのためには、マッサージもおすすめです。
また、もうひとつの原因でもある筋肉を鍛えることも重要です。

更に、女性ホルモンの分泌量が低下することで、繊維芽細胞から分泌されるコラーゲン量も減ることが知られています。よって、肌表面のハリや弾力を支えている真皮層のエラスチンやコラーゲンの変化に影響を与えます。20代を過ぎると穏やかに女性ホルモン分泌量が低下し、40歳を過ぎると急激に低下するため、日頃から女性ホルモンの機能をサポートする化粧品の使用をお勧めしますコラーゲン生成を促し、弾力のある肌へとサポートしてくれる成分の入ったスキンケア製品などを上手に利用してカバーしましょう。
どうしても気になる場合は、最終的には医学的治療を検討してみてください。注射による治療や外科的治療がありますので考慮してみるのもいいかもしれません。


ハリと弾力のための成分とは? 医療でのたるみ治療は?
有効なスキンケア・肌再生成分を詳しく見る 医療におけるたるみ治療について詳しく見る




アンチエイジングネットワーク Q&Aトップへ << 加齢による肌の悩みトップに戻る

このページの先頭に戻る
www.anti-ageing.jp お問い合せ プライバシー保護